カードローンを家族に内緒で借りるための工夫

カードローンの契約、利用において家族にバレてしまう方はいます。
もともと個人向けでプライバシー性の高いローンですが、契約方法や使い方によってはバレてしまうのです。
家族に内緒にしてカードローンを利用するには、自宅に電話連絡・郵送書類が来ないようにする必要があります。
連絡先は携帯・スマホを設定し、固定電話にかかってこないようにします。


審査のときは固定電話回線があると有利になりますが、連絡先は携帯やスマホを指定しておきましょう。
そうすれば自宅の固定電話に連絡が来ることはありません。
郵送書類に関しては、なるべく届かない方法を選択するべきです。
インターネットが普及する以前だと、契約書類の自宅送付は必須でした。
審査書類、契約書類、毎月の利用明細などが自宅に届いていたのです。


それらの書類を家族が誤って見てしまうケースもあり、それによってカードローンの利用がバレるケースはよくありました。
ひとたびバレると面倒なことになり、カードローンに理解のない人とケンカになったりするものです。
カードローンの提供先である消費者金融と悪徳業者を混同している人は今でもいるのです。
周りに内緒にしてお金を借りるためには、WEB明細を活用するべきでしょう。


WEBで審査・契約内容の送付・確認、またWEB明細などにより家族にバレるのを防ぐことができます。
周りにバレてしまう方の多くは、バレてしまうリスクのある借り方をしているのです。


それ以外だと返済期日までに返済できない場合、催促を受けてバレてしまうケースがあります。
カードローンは延滞すると、数日中には業者から催促を受けることになります。
携帯やスマホへの連絡を無視すると、自宅に電話や郵送書類が来ることもあるのです。
内緒にして借りたいならば、絶対に遅延はしないようにしましょう。


遅延を繰り返している方は、ギリギリの借入をしていることが少なくありません。
口座引き落としによる返済方法を指定しておけば、うっかり忘れてしまうのを回避できます。
長期遅延にさえ注意すれば、遅延によってバレる可能性は低いのです。


数日程度の遅れならば、業者側としてもプライバシーを配慮して自宅への連絡は避けてくれます。
しかし、数週間以上の遅れになると固定電話に直接連絡を入れられる場合もあります。
延滞によってバレる場合はすべて自己に原因がありますから、これは仕方のないことでしょう。
カードローンの契約前に十分にシミュレーションをしておいて、無理をした借入をしないようにしてください。