生活費が足りないときにおすすめの銀行カードローン

生活費が足りないというときには、すぐにお金が借りられるカードローンがおすすめです。
特に、銀行カードローンや銀行系の消費者金融のカードローンなら即日融資対応で、土日祝日に契約できるのでおすすめです。
消費者金融は収入がないと申し込めないので専業主婦の方は利用できませんが、銀行系カードローンなら専業主婦でも利用できます。家計のピンチを救いたいというときにも使えるので便利です。
銀行系のカードローンは、年々審査条件が緩くなっているので、主婦の方にも使いやすくなっています。1,000円単位での融資が可能ということで、少額で借入れ出来るので使いすぎの心配も少ないです。
大手の銀行系カードローン各社が融資を行っているので、限度額、利息、当日融資可能かどうかなどの条件を確かめて自分に合ったものを選ぶようにしましょう。
銀行系は800万円〜1,000万円などといった大口の融資もしています。ただし、専業主婦の場合は本人の安定収入がないので、可決額が少な目に設定されます。
パートで働いている女性で月収10万円であれば20万円〜40万円の融資が実施されますが、専業主婦の場合は20万円〜30万円を超えるような融資はほとんど可決されないでしょう。
専業主婦の平均は、5万円〜10万円程度です。高くても30万円が限度です。
これは配偶者(夫)の収入が多い場合でも同じことです。
家族の所得が多くても、本人に収入がなければ30万円超えの融資はかなり難しいです。どうしても高額融資してもらいたい場合は、アルバイトやパートなど、なんでもいいので職を得てからローンを申し込むことが必要です。
仕事を探すというと外に出て働くことが必要と思いがちですが、SOHOなどで在宅勤務して収入があれば、在宅ワーカーとして職業欄に記入することができます。確定申告などの提出は必要ですが、所得があることを証明できれば、申し込みすることが可能です。
融資の目安は、年収の3分の1です。
消費者金融や信販会社はクレジットカードのキャッシング枠が総量規制の対象になるので、年収3分の1以上の融資は受けられません。
しかし、銀行は総量規制の対象外でも、可決額は総量規制対象ローンの金額とほとんど変わらないのが一般的です。
ごく稀に3分の1以上で可決されることはありますが、審査結果を待たないと詳しいことはわかりません。
専業主婦で生活費が足りないときには、銀行系のカードローンがおすすめなので、適したものを選ぶようにしましょう。