銀行や消費者金融のカードローンで必要な本人確認書類とは

月末の給料日前、お金が足りなくなってきたときは、銀行や消費者金融でカードローンを利用すると、次の給料日まで楽に生活することが出来ます。
お金を借りるときは、色んな書類を用意しなければならないので面倒だと思っている方もありますが、50万円以下の少額融資であれば、大抵は本人確認書類さえ提出できればよいので、面倒な点はひとつもありません。
むしろこれほど簡単なことだったのかと驚くぐらいなので、まだ利用したことがない人は申し込んでみてください。


銀行や消費者金融のカードローンに必要な本人確認書類とは、住所や名前、年齢などが記載されている書類のことで、写しでもかまわないことになっています。
具体的には、運転免許証、各種健康保険証、住民票、住民基本台帳カード、印鑑証明書、パスポート、在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書などになります。
一般的に使用されている本人確認書類は運転免許証と健康保険証なので、このどちらかを提出できれば、カードローンを利用することが出来ます。
金融機関によって、提出する書類が微妙に違うので、ホームページで確認してから申し込むようにしてください。


銀行の場合は審査が厳しいので、たとえ少額融資であっても、属性によっては消費者金融では不要な、収入証明書の提出を求められることがあります。
一般企業の会社員や公務員の場合は、源泉徴収票や所得証明書なので、収入証明書が必要なときは用意しておいてください。
また自営業や個人事業主の場合は、住民税決定通知書や課税証明書、納税証明書、確定申告書の写しなどを収入証明書として、提出しなければなりません。
専業主婦の場合は、本人に収入がないため、総量規制により消費者金融は利用できませんが、銀行のカードローンなら利用することが出来ます。
ただしこの場合、配偶者の所得を証明する書類を求められることがありますし、配偶者の同意書も提出しなければならないこともあります。


本人確認書類や収入証明書をもとに、銀行や消費者金融は審査を行い、融資を行うかどうかを決定するので、カードローンを利用するときはこれらの書類が必ず必要になります。
多額の融資を受けない限りは本人確認書類だけでOKの金融機関が大半なので、数万円程度しか借りないのであれば、気軽に申し込むことが出来るでしょう。
担保や保証人は必要ないので、カードローンを利用するときは必要な書類を手元に用意しておくようにしましょう。